タイアップのアオキ ランキング!

頑張れ熊本!石原プロ炊き出しにキムタク 長瀬智也 岡田准一が参加!

石原プロ炊き出しにキムタク 長瀬も 熊本地震被災地で舘ひろしが焼きそば SMAPの木村拓哉(43)、TOKIOの長瀬智也(37)、V...

Pleymo - K-ra

プレイモ とは、1997年に結成されたフランスのニューメタルバンドである 。フランス産ニューメタルバンドとして圧倒的な知名度を誇るバンドであり、ヨーロッパ各国や日本を ...

Robin Trower - Caledonia (1976)

ロビン・トロワーはイギリスのブルース、ロック・ギタリスト。代表的な「ジミヘン・フォロワー」の一人である。ジミ・ヘンドリックス的な曲作りと、良く似た粘り気のあるブルージ ...

Archie Bell & The Drells - Tighten Up

お試しかっ100.

アイドル動画ランク
ここを友達に教える
アニメ動画ランキング

タイアップのアオキ ランキング!

タイアップのアオキ エピソード2 メディシン・ケーキ

フランス語のラップという点でインパクトはありすぎる程ある。②曲ごとに独特の世界観がある。曲もバラエティに富んでいて良いが、最後の方は人によっては微妙に感じるかも。③楽器はゴリってて、すごくヘビィだけどクセがある。唄は高音ラップに激シャウト、サビの部分は、まったりしてたりする。印象に残るかっこいい曲多い。ちなみにバンド構成は、1vo,2g,1b,1dr,1dj。④ストーリー解説など日本人に対する気遣いが感じられる。⑤リンプには…似てる。けど、リンプはダメでもプレイモはOKてな人も結構いるので、よく言われる「リンプに似てる」はあくまで参考意見かと。 エピソード2 メディシン・ケーキ 関連情報

タイアップのアオキ ケスキスパス?

メディシンと比べるとだいぶ荒削りな感じ。そして攻撃的。ゴリゴリギターとものすごい暴れっぷりはリンプビズキットのファーストを彷彿とさせる。ある意味セカンドよりもいいかも♪なお、日本語ラップのヒップホップバージョンの⑭はここでしか聴けないから聴いておきましょう。あと、このサイトではのってないけどジャケットはだいぶやばいです。良く規制がかからなかったなぁ。 ケスキスパス? 関連情報

タイアップのアオキ 魂のギター - BRIDGE OF SIGHS

ジミヘン直系のカスタマイズされたエンジンがうねり歩くようなギター(元プロルハルム)、Pロジャースを思わせるようなヴォーカル(元ストーンザクロウズ)。派手さは無く、あくまでギターを引き立てるために徹したバック、トリオだけに誤魔化しはないが隠れたテクが光りすぎ。ハードロックとブリティッシュロックのはざまで、揺れながら、時代も彼らのようなインプロとコアなヴォーカルを評価しないような風潮でしたが、30年がすぎ冷静な評価がぜひとも必要な1枚です。メタルファンなんかが聞くと案外はまって、ブリティッシュロックの登竜門にして傑作だとおもえるかも。他のアルバムも大同小異という変化の無さが彼らを一線からおいやるが、正しく武骨なブリティッシュ後継者。 魂のギター - BRIDGE OF SIGHS 関連情報

タイアップのアオキ

子供用にと購入しましたが、親子ともども気に入って追加注文までしてしまいました。シンプルだけど非常に良く考えられています。こんなのがあるんなら、もっと早く知っていれば良かった。 関連情報

タイアップのアオキ 西部警察LEGEND7 大門軍団、国家存亡!

 1980年代、ど派手なアクションやカーチェイス、爆破シーンで当時のお茶の間に強烈な印象を与えた最強の刑事ドラマ『西部警察』! 石原プロ創立50周年のメモリアルをかねて長年ビデオ化されなかった石原プロ作品『大都会』シリーズや『西部警察』がDVD化されたタイミングで出版された『西部警察LEGEND』シリーズ好評につき刊行されたまさかまさか(もういい加減ホントにウンザリ(>_<) )の第7弾! 今回は前号に続いてシリーズ続編となる『PART-II』(1982・5・30〜1983・3・20放送)全40話と『PART-III』(1983・4・3〜1984・10・22放送)全68話+スペシャル2話の全エピソードを(結末まで)完全紹介している。 まず、『PART-II』の大きな特徴は、本シリーズの顔ともいえる西部署第三の男・沖田五郎(オキ=三浦友和、II−第1話〜III−第6話)の登場だろう。 『西部警察』でも鳩村刑事(ハト)役の舘ひろしや松田刑事(リキ)役の寺尾聰、両氏と並ぶ人気刑事であったし、しかも沖田刑事が将来を嘱望された本庁エリート刑事でありながら自ら進んで西部署(大門軍団)入りを志願し、その背景には余命1年という宣告を受けた身体であり、残された時間を大門軍団に捧げたいという設定がどこか(三浦の)妻である山口百恵さんの『赤いシリーズ』にも関連していて他の刑事と違うどこか哀愁の漂う沖田(オキ)に興味を惹かれた視聴者も多かっただろう。 また、この『PART-II』では世界観が一新され、源田刑事(ゲン=苅谷俊介)、谷刑事(初代おやっさん=藤岡重慶)が番組を去り、代わって浜刑事(オヤッさん=井上昭文、II−第1〜第35話、注:谷刑事とほぼ同様の設定や他にも二宮係長(庄司永建)がシリーズ途中で退職し(II−第14話)、佐川係長(高城淳一、II−第15話〜)が就任し、大門の妹である大門明子も役名は同じであるものの『PART-I』古手川祐子(漫画家のタマゴという設定)から新人の登亜樹子(保育士という設定)に行きつけのバーのマスターも朝比奈(佐原健二)から上村七重(吉行和子)変更しているのもこのあたりが『PART-I』と『PART-II』の両方の異なった世界観が存在するパラレルワールドといわれるゆえんだろう(現に2004年放送の『西部警察スペシャル』の時に『PART-III』で殉職したハズの大門(渡哲也)が何事もなかったように西部署で活躍していたのもこの世界観を利用したからなのだそうだ)。 他にもこの『PART-II』では、日本全国縦断ロケーションが本格的に始まり、静岡県(第10、11話)を皮切りに広島県(第18話)、北海道(第26、29話)、愛知県(第37、38話)で行われ、遊覧船(第11話)、市電(路面電車) (第18話)、廃墟ホテル、ステーキ店、お化け煙突(第38話)を次々に爆破し、カークラッシュの数も前作を遥かに上回る質量ともにより過激となり、現在では考えられない空前絶後のスケール感をお茶の間の視聴者に見せつけたのもの本作の大きな特徴であり、ある意味この『PART-II』こそが『西部警察』の代名詞ともいえる。 さらに『PART-II』の直結の続編となる『PART-III』では、放送スタート直後に沖田刑事(オキ)が去り、すぐさま山県刑事(大将=柴俊夫、III−第7話〜)、五代純(ジュン=石原良純、III−第8話〜)、前作の終盤で殉職した浜刑事(二代目オヤッさん)と代わった南刑事(三代目おやっさん=小林昭二、II−第36話〜)の加入で西部署を盛り立て、また前作『PART-II』以上に「爆破」に力が注がれ、同じく「全国縦断ロケ」でも福島篇(第9、10話)を皮切りに鹿児島篇(第17話)、福岡篇(第18、19話)、山形篇(第23、24話)、宮城篇(第32、33話)、岡山・高松篇(第39、40話)、大阪神戸篇(第48話)、京都篇(第49話)、大阪・大津篇(第50話)など全国各地に趣いて精力的に撮影ロケを敢行しているのも本作の特徴である。 そして本作の最大の見所は、1984年正月放送「燃える勇者たち」と最終回3時間スペシャル「大門死す!男達よ永遠に……」であるこの特別番組2本だろう。 前者では、石原裕次郎の盟友である勝新太郎をゲストに向かえ、他にも丹波哲郎(特別出演)、財津一郎、倉田保昭(和製ドラゴン) (以上敬称略)といった正月番組に相応しい豪華ゲストであり、後者も最終回にふさわしくフランスパリに海外ロケを敢行し、ゲストもテロリスト役の原田芳雄を始め、宝田明、倉田保昭、小林稔侍、黒部進(初代ウルトラマン)、武田鉄矢(友情出演)、山村聰(以上敬称略)といった豪華ゲストや瀬戸内海に浮かぶ島の廃工場跡を大爆破させ、大門団長の壮絶な殉職を遂げるという初回から足掛け6年近く続いた『西部警察』という巨大な番組を締めくくるに相応しい内容となっている。 前号に引き続き今回もゲストでは、八名信夫(悪役商会会長)、片岡五郎(お笑いタレント・品川祐の義父)、田中浩(「わんぱくでもいい」の丸大ハムCMでおなじみ)、黒部進(初代ウルトラマン)、片桐竜次(『相棒』の刑事部長)、鹿内孝、成瀬正(現:成瀬正孝)、中田博久(キャプテンウルトラ)といった当時の刑事ドラマにおける犯人役(悪役)の常連から北村総一朗(II−第1話、III−第18、49話、『踊る大捜査線』湾岸署の神田署長)、B&B(島田洋七、島田洋八、II−第18話)、松本伊代(II−第27話)、下条正巳(III−第9、10話、『男はつらいよ』寅さんのおいちゃん)、美木良介(III−第13、45話、ロングブレスダイエットでおなじみ)、長塚京三(III−第14話)、小野武彦(III−第32、33話、『踊る大捜査線』湾岸署の袴田課長)、佐原健二(III−第32、33話、『PART-I』バーのマスター、別人役)、神山繁(III−第34話)、浅丘めぐみ(III−第37話)、ジョニー大倉(III−第46話)、小野みゆき(III−第48話)、浅野ゆう子(III−第49話)、西川きよし(III−第49話)、佐藤浩市(III−第52話)、花沢徳衛(III−第58話)、菅井きん(III−第62話)、森昌子(III−第63話)、宍戸錠(III−第68話、石原裕次郎とは同世代の日活スターで盟友)といった現在では珍しい(お宝的な)ゲストが出演しているのも本作の特徴である(余談だが、最終回のゲストに当初、松田優作を迎える予定であったが、「例えドラマでも渡さんを殺す役は絶対にイヤだ!」という理由で断ったそうだ。他にも同じく最終回のゲストに登場する武田鉄矢に関しても当時『太陽にほえろ!』の裏番組で『3年B組金八先生』が高視聴率で大人気だった事もあり、石原裕次郎からなんであんな胴長短足の男が主役のドラマが大人気なのか不思議がっていた経緯があって武田氏に関心を寄せていた事から出演オファーが決まったそうだ)。 今回は『西部警察』の犯人役の常連のひとり・阿藤快氏(当時は阿藤海)のインタビューが収録されており、特に劇中ではシャブ中(麻薬中毒患者)犯人役が視聴者からのインパクトが大きく、確かに58頁に掲載されたスチール写真を見ても目の下にクマがあって異常にリアルに見えてそのあたりの挿話が面白く、他にも石原プロの所有するパトカーの数の多さに驚いた事やカースタントの現場で体感した事、また、現場での渡哲也氏の現場スタッフへの気遣いにまつわる挿話など面白くて興味深い。 ただこちらも前号に引き続き何度も言うようだが、もっと出演者やスタッフのインタビュー(当時の『西部警察』の伝説を後世に伝えるために)も収録してほしいし、『PART-II』だと沖田刑事役の三浦友和氏やバーのマダムである上村七重役の吉行和子氏、『PART-III』だと山県刑事役の柴俊夫氏、五代刑事役の石原良純氏のインタビュー取材は取ってほしいし(良純さんだったらインタビューに絶対答えてくれると思う)、スタッフでも監督の村川透氏や澤田幸弘氏、脚本家の柏原寛治氏も絶対答えてくれると思うし(現に『映画秘宝』などで『西部警察』についても語っておられたのを読んだことがあります)、他と比べても本編集スタッフの取り組みに関して低評価は歪めない 前号にも書いたが本編集スタッフは『刑事マガジン』『映画秘宝』『トラック野郎 浪漫アルバム』『森田芳光祭<まつり>』のツメの垢でも煎じて飲んでスタッフの取り組む姿勢を見習って頂きたいものだ!ε=( ̄。 ̄;)フゥ 西部警察LEGEND7 大門軍団、国家存亡! 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
スマホランキング